忍者ブログ
なんかぶつぶつ言ってます。
2017/05月
≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  
[279] [278] [277] [276] [275] [274] [273] [272] [271] [270] [269
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

勉強会が終わってとりあえず落ち着いた水無月です。
一時期の死にそうに忙しい時期は抜けたっぽいので、
これから芸術の秋できるといいなあとか思ってますが。


***

キリリクは水面下でぼちぼち書いているのですが
どーもキリリクの内容から外れてきている気がしないでもないです(汗)
というか、なんでこんなに暗い話になるのかっ・・・!

でもらぶ要素は外しませn←しつこいw


***


何気にネットを徘徊していたら
映画の満足度ランキングみたいなページを見つけたので
ちらっと見ていたんですが
そこの映画の批評をしてる数名の批評家のうちの一人のコメントが
いかがなもんかっていう書き方だったので軽く気分を害しました。


私個人の考えを述べれば
プロ(≒お金を取ってる)の創作物については
批評をされても仕方ないっていう考え方をしてます。
なぜならそれは趣味じゃなくて仕事だから。
仕事に評価が入るのは仕方ないと思いますし
見た一般人が好き勝手に言うのも仕方ないのかなとは思います。


ただ、その評価をする人間が一般人ならともかく
仕事として批評家という立場で公的な場で発言する人間となると話は別だと思うんですよね。
一般人が好き勝手に酷評するのと同じレベルで作品について語るのは
良い仕事とは思えないし、正直「評論家」気取らないでほしいわ、と思うわけです。
自分が気に食わない点をつらつら挙げて馬鹿にするような発言を繰り返すのは批評とは言わないと思います。
少なくとも、読んだ人が気分を害するような批評の仕方は到底いい仕事とはいえない。


とりあえず、その批評家は女性だったわけですが
とある映画のヒロインについて酷評した挙句
「これだから女はって言われるような映画だ」
とコメントをしてるのを見て


「それはあんたのコメントだろ!」


と思いました。


絶対この人ちょっと認められたからって
「自分はデキる女」って思いあがってるんだろうな・・・
この手の人はよく見るからわかるけどさ。
こういう人がいるから他の普通に頑張ってる女性が迷惑するんだよ。


まったく、これだから女は。。。


まあそういうわけでそこのランキングはあんま参考にはしないんですけど
今気になってる映画は「悪人」「アリエッティ」「カラフル」ですかね。
ただ「悪人」は原作を読んであまりの救いのなさに暗い気分になったので
気にはなるけど見ることはしないかも。。。
「カラフル」はテーマ的になんか私好みなにおいを感じました。
アニメなのがどーもなーって感じなんですけど。


***


最後に。拍手ありがとうございます。
返信です。

>>MMさん


お祝いコメントありがとうございます。
番外編はぼちぼち書いてますので気長にお待ちくださいませ~


PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    phot by Abundant Shine    icon by cherish

忍者ブログ [PR]

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[01/01 水無月]
[01/01 ジン]
[12/25 水無月]
[12/25 がの]
[12/24 水無月]
プロフィール
HN:
水無月
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索