忍者ブログ
なんかぶつぶつ言ってます。
2017/05月
≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  
[277] [276] [275] [274] [273] [272] [271] [270] [269] [268] [267
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あいかわらず忙しい日々が続いております。


このところは休日も予定が詰まっていた上
平日もいろんな事態が発生し、
今週は忙しさがピークに達して発狂しかけていました。
いや、発狂してました。


元々忙しい
+勉強会の講師を頼まれた
+派遣さんが何の前触れもなく突然やめた
+クレームが発生(しかも2件)しそれに巻き込まれた


\(^o^)/


なんの呪いだよ、これは!!!




この4重苦のせいで業務時間内に
勉強会用の資料&原稿作りが会社できず
おかげでこの土日はうちで資料作りするはめになりましたとさ(´・ω・`)
今日は朝から一日中家にこもってひたすら原稿かいてました。
おかげで9割完成しましたけどね。
あああああ私の休みを返せえええー










っていうか、労働基準局がやたらうるさいから
会社の総務が残業禁止ってうるさいんだけど
(既定の時間を過ぎると理由書書かされる)
仕事には最低限必要な人数と時間ってのがあると思うんで
人数も時間も削減しておいて既定の仕事をこなせっていうのは無理があると思う。
多少改善して効率を上げることはできるかもしれないけど
そもそも現状じゃ改善の検討する余地すらないしさ。
余裕のないこの状態で競争力があがろうはずもないと思う。



労働従事者が過労死するほどの過酷すぎる長時間労働は当然ダメだし
そういう悪質な状態は取り締まるべきだと思うけど
だからといって毎日8時前に帰るとか甘いことをやってるのもどうなんだろうと思う。
特に開発分野なんて特許を取るために一分一秒を争ってる(と思う)のにそんなのんきなことでいいのか。
まあ、うちはそんなグローバルなところで争ってないけれど。
それでも研究部門の人間が研究にじっくり時間がとれなくて嘆いてる現状を見てどうなんだろうと思うわけさ。
まあ研究の人たちは総務の警告を無視して残業してるみたいだけど。


結論。
人数を増やすか残業を認めるかどっちかにしてくれ。
人数を増やすのが理想だけどだめならせめて残業を認めるべき。
結局のところ競争力は総労働量に比例するもんだと思うんだ。
ゆとりが大事とかいってのほほんとしてたら数年後には確実に差をつけられる気がする。


って
いわゆる不遇のロスジェネ世代の我々は危機感持ってるわけですけど
前後のバブル世代とゆとり世代はあんまりそんなことは考えないんでしょうかねえ・・・。
まあ、世代でひとくくりにするのはアレなんだけど。



とかなんとか、思わず熱く語ってしまったではないか;
これがお局の第一歩なのかっ!
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    phot by Abundant Shine    icon by cherish

忍者ブログ [PR]

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[01/01 水無月]
[01/01 ジン]
[12/25 水無月]
[12/25 がの]
[12/24 水無月]
プロフィール
HN:
水無月
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索