忍者ブログ
なんかぶつぶつ言ってます。
2017/05月
≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  
[99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今度こそ最終回だと思います。
しかし、昨日の日記は長いなぁ(苦笑)


●LL編


前回のラストで前のサイトが閉鎖(ぁ)したところまで書きましたのでそのつづきからなんですが――


閉鎖から2ヶ月後、
とりあえず戻ることを決意して過去のサイトのドキュメントなどをかき集めつつサイト復活の準備をしてた私が悩んでいたのは


同じHNを使うかどうか。


ということでした。


・・・あれです。
最終的に閉鎖の原因になったのは見ず知らずの方の「とっとと閉鎖しろ」という書き込みだったので(人はそれを荒らしというのか)
自分を知ってる人が来たら何か言われるんじゃないかと思ったんですよね。
だから、過去の作品は封印して別の人間になり済まして復活しようかと、8割くらいはそう考えてました。


と、こんな状態だからLLを作ることになり、ああいうLLになったのです。
というと意味がわかりませんが、つまりこういうことです。


要するに、復活直前つまりLLの作り始めの段階では、
作品を見て私が水無月だとバレると困ると思っていたわけです。
なので、以前のサイトで作りかけていた作品があったのですが
それの続きを作るわけにいかなくなったので封印することになります。
実は、それがLLの次に公開されるREVERSEでした。
これは、以前のサイトで情報を出しており、かつPdのリメイクですから身元割れもいいとこで、絶対作れませんでした。


あと、LLは原案では主人公は女の子(≒ユリア)だったのですが男の子(≒アーディ)に変更になってるのも身元隠しという理由がありまして・・・
要するに、女の子が主人公のRPGというのは少ないので主人公を女の子にすると目立つかもしれないと思ったのです。
できれば自分の性別も不明っぽく――というかむしろ男っぽくしときたかったのですよね。


とまあ、こんな感じで復活直前は身元隠しに必至になってたのですが
ただ、そうやっててもし過去に仲良くしてくださった方が来たら自分はどう対処するんだろう。
だましながら付き合うことになるんだろうか、とか考えると
それはすごく失礼だし自分もたぶん耐えられないだろうなと思ったりして
悶々としてました。


で、結局は「やっぱり隠すのはできれば避けたい」という結論に至り
HNを水無月のままにしてROHをベクターに登録します。
これでもしベクター経由で知ってる人が来て
「閉鎖しろコール」が再度来たらその時は本当に別HNにしようと思ってたのですが、
結果としては、危惧していたような事態にはならず
無事復活の運びとなりました。


とまあこんな感じで、
ほのぼのまったりなLLからは想像もつかないような
こんなドロドロな事態が実は裏で繰り広げられていたのでした。


腹黒い話でごめんなさい。
というか、全然LLとは関係ないですね(汗)



●REVERSE編


自分の復活をかけて作った(大げさな)LLが無事公開の運びとなり
一度は切れてしまった周囲との関係も修復されて
やっと自分の場所を取り戻したということで
元々作るはずだったREVERSEの続きを作り始めるわけですが――


LLが予想外に好評だったために、
以前ROHを公開したときと似たような状況に陥りました(苦笑)


まあ、自分もいろんな経験を経て成長したのか
Origin公開のときほど周囲に翻弄されはしませんでしたが
ただ、LLプレイした方から「REVERSE楽しみにしてます」といわれるたびに、心苦しい気分にはなりました(苦笑)


で、自分の記憶があいまいなんですが、
たしかこの頃に作品人気投票を置いたんだったでしょうかねぇ。
置いた当時はROH・LLあたりが一番じゃないかって予想してたのですが
ふたをあけてみるとREVERSEが1位になってた時期もあったりして
(これは本当に意外でした)
こういう作風も支持されるんだなとわかって嬉しかったです。



●GC編


REVERSEは、テストプレイを頼んだ&誕生日公開するというイベントのせいで、完成から公開までの間に2か月くらい空きがあったのですが
実はREVERSE制作の終盤くらいの時期に突然GCのネタが降ってきてまして
REVERSE公開前にすでにGCをフライングして作りだしてました(苦笑)


というか、GCのネタを思いついた瞬間は
「Pdを超えるネタを思いついたかもしれない!!」と感じてまして
(*私の中ではPdを超えるシナリオというのは未だに現われてません。結局GCも私の中ではPdを超えることはできませんでした)
ものすごい興奮状態にあったのですよ(笑)
なので、出だしは異例のスピードでガリガリ進みました。
テストプレイを頼んだのが4月中旬ぐらいだったと思うのですが
ゴールデンウイークの頃にはロストコードを探しにいく辺りまでできてた気がします。


まあ、そんな状態で・・・
GC制作中スランプめいた状態はあまりなかったような気がします。
久々に何かが乗り移ったかのような制作をしました。


ただ、GC完成後つきものが落ちてしまって
超スランプに陥るのですけど。


――で、DLに続くわけなんですが
制作裏話を語るには少し早い気がするので今回は割愛します。


ああ、なんかどうでもいいことをえらく長々書いてしまった。
読んでくださったかたは長文読解ありがとうございました。


PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    phot by Abundant Shine    icon by cherish

忍者ブログ [PR]

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[01/01 水無月]
[01/01 ジン]
[12/25 水無月]
[12/25 がの]
[12/24 水無月]
プロフィール
HN:
水無月
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索