忍者ブログ
なんかぶつぶつ言ってます。
2017/10月
≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  
[18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

数日前から絵が描きたいんですが
同じくらいツクールもやりたいのでどっちを優先すべきか迷います。
・・・まあ、迷って結局いつもツクールやるんですが。
自分は絵描きである前につくらーなんで。
絵がヘタレすぎだってつっこみは却下


それにしても、最近のSNSは絵描きさんが方が多い気がします。
でも、自分が好きなタイプの絵は実はあまり見かけないんですよね・・・。
じゃあどういうタイプが好きなのかと問われると困るんですが、端的に言うと


「特徴的な絵柄・あまり見かけない絵柄」


ということになるかと思います。


これは自分が絵描きじゃないからかもしれないんですが
絵の上手下手より(まあ、最低限のレベルは満たしてるという前提でですが)
絵柄の個性というほうが私は重要視してる気がします。


要するに、雑誌をたとえに出すならば、
王道少女マンガの「りぼん」や「なかよし」よりは
マイナー系な「花とゆめ」なんです(←意味不明)


なんというか、その少女マンガにありがちな
「顔の半分くらいを占めるキラキラぱっちりおめめに逆三角形の笑顔口」とか
誰が描いても同じように見えてしまう(よくある)絵柄というのにはどうも惹かれないわけで
(例外もありますが、りぼんとかなかよしの作家さんの絵は私にはほとんど全部同じに見えます・・・)
それよりは一目で「これは●●さんの絵だ!」とわかるもののほうが好きなんですよね。
まあ、くせがありすぎるのもそれはそれでちょっと・・・っていう場合もあるんですが
他の方の絵との違いがわからないという絵よりはまだ惹かれるものがあります。


んなわけで、私好みの絵柄とは――というか漫画家さんはいうと
(「花とゆめ」の漫画家さんに偏ってるのはとりあえずご了承いただいて;)
以前も書きましたが山口美由紀さん。
あと、喜多尚江さんの絵柄(&話)も実は好きなんです。


山口美由紀さんはあり得ないくらい絵が上手です。
人物もさることながら(老若男女全部上手な少女漫画家さんってあまり見ない気がします)
風景とかもおそろしくきれいなんです!
花園の光景とか溜息でますよ・・・はうう!


一方、喜多尚江さんの絵というのは、
失礼を承知で書きますがぶっちゃけ上手か下手かよくわからないんです。
なんですが、なぜかよくわからないけれど惹かれるものがあるのです。
特に女の子になんかあやしげな魅力があるのですよ・・・
題名忘れたんですが、千世というしゃべれない女の子が出てくる話があったんですが
この女の子がたまらなく魅力的でですねぇ。
結局途中までしか読んでないんですが、そのシリーズがなんか好きでした。


あと、喜多尚江さんは短編マスターなんです。
短編の世界観というか雰囲気が毎回とても独特で魅力的で好きでした。
ああいう雰囲気の話が作れるっていうのは本当にうらやましいです。


最後に念のためこっそり付け加えておきますが
お友達申請した方(しようとした方)の絵柄は好きなのですよー
誤解しないでくださいね;
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    phot by Abundant Shine    icon by cherish

忍者ブログ [PR]

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[01/01 水無月]
[01/01 ジン]
[12/25 水無月]
[12/25 がの]
[12/24 水無月]
プロフィール
HN:
水無月
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索