忍者ブログ
なんかぶつぶつ言ってます。
2017/05月
≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  
[254] [253] [252] [251] [250] [249] [248] [247] [246] [245] [244
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

モチベの話です。


今作ってるものが、
シナリオ的にもシステム的にも面白いとは言い難いのがわかってるので
作ってると気が重くなってくるのです。


他人の目を気にしなければそこまで気重にならずともいいのでしょうが。
私は人の目がすごく気になるタチなので
現状より評価を下げられたくない、という気持ちが強く
それが自分の言動をすごく制限してる気がします。


作品数がそれなりに増え、
サイトの常連さんもそれなりに増え、
次の作品を待ってくださる方が増えるにつれ
期待を裏切ってはいけないというプレッシャーはどんどん強くなっています。


次回作は、前作を越えなければならない
少なくとも前作程度のクオリティは保たなければならない。


だけど、これは経験を積むほどに難しくなっていきます。
というのも今の自分の技術はある程度安定してきているので
そう劇的には伸びないからです。
もちろん、今の自分の技術が十分だとは微塵も思っていないのですが
少なくとも初心者だったころに2作目を作るのとはだいぶ違うと思います。


かつて、処女作Pdの次にROHを公開したとき
「1作目より格段にクオリティがアップした」と言われました。
でも、これは個人の好みだとは思いますが、少なくとも自分は
1作目のほうがシナリオはよかった、と思っています。
ですが実際はROHのほうが周囲にはよい評価をされました
私は、それは技術面での伸びが著しかったからではないかと思っています。


ツクール、というのは総合的な面があるので
作品の評価はシナリオだけではなくそれ以外の技術的な部分も作用すると思っています。
だから、シナリオが多少前作よりまずくても、
それ以外の部分でカバーされていれば作品としてのクオリティは高く評価される面もあるのかな、と。


ツクールを始めたばかりのころは、それでどうにかお茶を濁せた部分もあると思うのです。
ですが、シナリオを技術の伸びでカバーできなくなった今は
純粋にシナリオで勝負しなければならなくなってきました。


それは、初心者から一歩先に進めたということで
歓迎すべきことなのでしょうが
自分にとってはますますプレッシャーのかかることだなと思います。



***


とあるツクラーさんがブログでこんなことを書かれていました。


「新しい作品を作る以上は、前の作品を越えなければいけない」


と。


私もそう考えて作っています。
少なくとも、前よりいいものを作る、という心構えではあります。


だけど、実際はすごく難しいことだと思います。


プロの創作家さんを見ていてもわかることですが
ひとつ大ヒットを生み出したけど
その後作品に恵まれない作家さんなんてたくさんいますし。


常に前作を越えてきた方なんておそらくいないですよね。
でも、活動をずっと続けて再び花開く人がたくさんいるのも事実です。


きっと、自分のやりたいことを貫いて続けることが大事なんですよね。
自分はプロではないのだから
それこそ人の評価なんて気にせずに
その気さえあればずっと創作を続けられるんですから
気楽に地道に続けていければいいのかな、と思います。



・・・・・・なんか無駄に長い上によくわからない話ですね。
すみません><


PR

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    phot by Abundant Shine    icon by cherish

忍者ブログ [PR]

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[01/01 水無月]
[01/01 ジン]
[12/25 水無月]
[12/25 がの]
[12/24 水無月]
プロフィール
HN:
水無月
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索