忍者ブログ
なんかぶつぶつ言ってます。
2017/12月
≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  
[296] [295] [294] [293] [292] [291] [290] [289] [288] [287] [286
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

冷蔵庫に賞味期限の切れた無塩バターがあったので
消費すべくパウンドケーキをつくってました。


ぶっちゃけると、私料理とかはあまり上手ではないのですが。
んでもってコレも見栄えはかなりよろしくないんですが
味はなかなかよい感じに仕上がりましたv
まあ、そのままでもおいしい素材を使ってるのですけど(ぁ)
で、ついつい食べ過ぎてしまいました。
やばいまた太っちゃうよ;


食欲の秋なのか色々なものがおいしく感じてしまいます。
でもって最近インスタントラーメンの類を見直してます。
明星の塩焼きそばと日清のタンタンメンが激ウマで
最近休日の昼ごはんはこればっかりです。


***


このところ創作と関係ない話ばっかで、
ホントにここはツクールサイトなのかって感じですね。
正直色々と迷っているのです。


つくりたい話がないわけではないんですけど
実際に動くところまでモチベーションが上がらない、というより
創作意欲はあるけど「どういう形で表現したいか」が定まらない状態です。


振り返ってみれば、かなり前からその傾向はあった気がします。
飽きっぽい性格もあって
「同じようなものは作りたくない」という気持ちは元々ありましたし
5作目以降から特に作風を変えることを意識してたとは思います。


ただ、これまでの場合は
主に作風についてのことしか考えてなくて
「ツクールを使ってRPGを作る」という点については
迷ったことがなかったのですが、今はそこから迷っているのです。


これまでの私のつくってきた作品は、シナリオがどうであれ

「イベントと移動を繰り返してレベルを上げ、最終的にボスを倒す」

という
たぶん一般的なRPGの流れに即してる作品ばかりだったと思うのですが
そこにも何か違いを出せないか、というのが今考えてる部分です。



・・・・・・


というのは、あまりに格好よく言いすぎなのでちと本音を言います。


私は、元々何よりストーリーを追いたい派なので
ストーリー以外の部分は極力少ないほうがいいのです。
やる場合も作る場合も。
だからそこにかける手間を減らせないかと考えているのです(苦笑)



GCを作ってた頃までは、
フィールドのマップ作りが好きだったので苦にならなかったし
むしろ逆にマップ分野は生かすべき自分の長所だと思っていたので
移動部分に手間をかけることに特段疑問を抱いていませんでいた。


そこに疑問を持つ、というか考えを変えるきっかけとなったのは
「ミラルディアン銃士隊」と「新設UPRISING」の存在でしょうか。


両方とも、シナリオに非常に重きを置いている作品であり
それ以外(主に移動部分)にかかる手間を極力抑えてあり
しかも、それでいてゲームとしての面白みは保たれている――どころか非常に面白い。
無駄がなくて洗練されている作品、とでもいうのでしょうか。
後者のアップラは戦闘システムが半端ねぇ!ので真似するのは到底無理ですが
ただ、戦闘部分とシナリオ部分にメリハリをつけるという点は参考にしたいなと思いましたし
ミラルディアンのプレイヤーを引き込む展開の見せ方は是非とも真似したいと思いました。
・・・・・・で、ミラルディアンを真似してみたのがDLですけども。
あまり真似にはなってないですね、ええ。


とはいえ、DLを作ったことで
必ずしもきっちりとマップをつくる必要はなく
むしろ、ドアtoドアで行きたい場所につながっていることで
シナリオを流れるように追えるのでシナリオ重視の場合は利点にもなりうるのかも、ということは思いました。
ただ、もちろん欠点もあるのですが。
プレイヤーがいきたいときに行きたい場所に戻ったりできないというつくりはやはり不親切でしょうし、「話をただ読まされてる」と感じる危険性もあると思います。
(でもってDLがそうでない保証はないのですが)


それがゆえに、移動の制限をつけた分は別の場所で面白さを補う必要があるのでしょう。
ちなみに先に挙げた2作はそういうつくりになってます。
なので、シナリオ以外の無駄を減らして面白みを付加する方法がないものかと思っているわけです。
(*無駄というのは自分がつくる場合に思っているだけのことで、他人がやるのが無駄と思ってるわけではないです、念のため・・・・・・)


とまあこうかくとただの面倒くさがりみたいですけど
別に面倒なだけでこういうことを言っているわけでもないのです。


今はシナリオに特化した作品を作りたいので
シナリオ以外の無駄を省く方法を考えているのであって
マップをさまよう面白みを追求したものがつくりたいと考えれば
がっつりマップを作ることも考えると思います。
(余談ですが裏サイトで公開したのはシナリオ以外の部分を追求した結果です)


上のほうに書いた「これまでの一般的なRPG一辺倒な作品づくり」から抜け出したいのも本音でして。
抜け出した結果が「RPG以外の形で表現する」という結論になることも可能性としてはあります。
可能性があるだけで、たぶん実際はほとんどないでしょうが。


ただ、絵心があれば漫画が描きたいなぁと、このところ時々思います。








PR

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    phot by Abundant Shine    icon by cherish

忍者ブログ [PR]

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[01/01 水無月]
[01/01 ジン]
[12/25 水無月]
[12/25 がの]
[12/24 水無月]
プロフィール
HN:
水無月
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索